高い専門性に培われた管理運営アドバイス、オーナー様の経営代行として、オーナー様の利益を最大化するサポートをいたします。

平均入居率96%の管理方式でアパート経営を全面的にサポート!! 武蔵コーポレーションの賃貸管理

お電話でのお問合せ 0120-188-634 ご入居者様向けのHPはこちら TEL:048-658-4333|お部屋のトラブル・契約・解約・お支払

管理のお問合せ 資料請求

半年間 ¥0無料キャンペーン実施中!

Best Venture100|弊社が紹介されています

アパート経営革命

埼玉の社長TV

当社代表の大谷義武が、チバテレビ「シャキット!」出演

TV紹介

テレビ埼玉『埼玉ビジネスウォッチ』で当社が紹介されました。

TVCM

武蔵コーポレーション動画ギャラリー

武蔵コーポレーションの管理実績

  • 管理戸数 現在10200件

    10200

  • 平均入居率 現在97.4%

    97.4

よくあるご質問にお答えします!

  • どんな管理プランがありますか?
  • どうして入居率が高いのですか?
  • なぜ滞納があまり出ないのですか?
  • 管理を委託する場合の手続きの流れは?

ニュース・トピックス

  • すべて
  • ニュース
  • お客様の声
  • セミナー
  • ニュース2017年5月13日

    【福島民報へ掲載されました)

    福島民報へ、当社が発行した、東邦銀行様の「とうほう・ふるさと総活躍応援私募債」ではじまりの美術館に一眼レフカメラやビデオカメラなどを寄贈した記事が掲載されました。是非ご覧下さい。
  • ニュース2017年4月20日

    ゴールデンウィークに伴う休業期間についてのお知らせ

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら弊社では、以下の期間をゴールデンウィークに伴う休業とさせて頂きます。 【休業期間】平成29年4月29日(土)~平成29年5月5日(金) 休業期間中ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。 今後ともご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
  • ニュース2017年4月20日

    【全国賃貸住宅新聞へ掲載されました】

    全国賃貸住宅新聞へ、弊社がコンカー様の経費精算処理システム『Concur EXPense Standard』を導入にしたことについて、掲載されました。是非ご覧下さい。
  • ニュース2017年3月31日

    武蔵コーポレーション、2016 年度上半期 売上 43 億円

    ~相続対策の資産運用や資産保全へのニーズの高まりを背景に 売買、管理事業ともに好調、前年同期比 157%を達成 ~ 収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う資産運用会社である武蔵コーポレーション株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:大谷 義武、以下、武蔵コーポレーション)は、2016 年度上半期の売り上げが 43 億円になり、前年同期比 157%を達成しました。当期は好調な売り上げを背景に人員増、東京・丸の内の営業拠点拡大など、積極的な先行投資を行いました。経常利益は6 億3000 万円で、前年同期比 115%でした。 ■2016 年度上半期、売買事業売り上げは 35 億円、前年同期比167%を達成 相続税の控除額引き下げによる相続対策を目的に、武蔵コーポレーションの自社再生物件※の購入による資産運用や資産保全のニーズが高まったことが売り上げ増につながりました。現在、年間の自社再生物件販売予定数約 60 棟に対し、購入希望者は 1 万 5000 人に上ります。2017 年 2 月に不動産特定共同事業法免許(埼玉県)を取得したことで不動産小口化商品の販売が可能になり、さらなる顧客層の拡大を見込んでいます。また、オペレーティングリース商品の取扱いも開始し、顧客に幅広い選択肢を提供できるようになりました。 (※)中古不動産物件を自社で買取り、リフォーム及び修繕を加え、空室を埋めて、オーナーとなるお客様に販売する形態のこと ■2016 年度上半期、管理事業売り上げは 8 億4000 万円、前年同期比125%を達成 賃貸管理事業の売り上げも好調に推移しました。2017 年 2 月末の管理戸数は 9650 戸で、前年同期比で 44%増加しました。大量に供給される新築収益物件間で入居者獲得競争が激化するなか、入居率98%を維持する武蔵コーポレーションの賃貸管理受託数は増加し、売り上げ増に貢献しています。 武蔵コーポレーションの大谷義武代表取締役は、次のように述べています。 「当社は2016 年上半期、好業績を実現しました。収益物件を活用した資産運用ニーズの高まりに伴い、売買事業、管理事業ともに好調です。将来への経済的不安が増すなか、顧客の経済的、心理的安定に貢献するビジネスが今後は一層、広く求められると思います。『三方良し』の精神を大切に、10 年後、売り上げ1000 億円規模の会社になるよう努めてまいります」 ■武蔵コーポレーション株式会社 武蔵コーポレーション株式会社は 2005 年に創業し、アパートやマンションといった収益用不動産に対する個人顧客の要望に応じて、収益用不動産再生(売買)事業、収益用不動産仲介事業、賃貸管理(プロパテ ィマネジメント)のサービスを提供しています。資産形成および資産保全のサポートを通し、顧客の将来にわたる経済基盤の安定を実現し、心の安定、人生の安定に貢献します。 ■会社概要 社名 :武蔵コーポレーション株式会社 創業 :2005 年12 月 代表者 :代表取締役 大谷 義武 本社 :埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル21F 業務内容 :収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理 売上:4,692 百万円(2016 年8 月末現在) 経常利益 :508 百万円 (2016 年8 月末現在) 累計取引棟数:700 件(2017 年2 月末現在) 管理戸数:9,650 戸(2017 年2 月末現在) ホームページ :http://www.musashicorp.jp 【報道関係専用お問合せ先】 武蔵コーポレーション 経営企画部 担当:黒田 TEL:03-6206-3550 Email:kuroda@musashicorp.jp 株式会社井之上パブリックリレーションズ PR 担当:増田、小笠原、横田 TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 Email:musashicorp@inoue-pr.com
  • ニュース2017年3月18日

    オペレーティング・リース最大手の株式会社 FPG と顧客紹介で業務提携

    ~提案の幅を広げ、総合的な資産運用コンサルティングを展開~  収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う資産運用会社である武蔵コーポレーション株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:大谷 義武、以下、武蔵コーポレーション)は、利益対策を求める顧客の要望を受け、2016 年 12 月にワンストップ型ファイナンシャルサービス業を行う株式会社 FPG (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷村尚永、東証一部(7148)、以下、FPG)と業務提携し、オペレーティング・リース(※)事業への投資を希望する顧客へ FPG を紹介するサービスを 2017 年 3月より本格的に開始します。今回の業務提携により、収益用不動産のみならずさらに多様な資産運用・資産保全のためのソリューションを顧客に提案することが可能となりました。 (※)投資家が航空機、船舶、海上輸送用コンテナ等のリース事業に出資し、リース期間中の事業損益の取り込みを行うとともに、リース期間満了時にリース物件を売却して、キャピタルゲインを追及する取引です。 ●本業務提携の背景と特徴 好調な不動産市況を背景に、売却益を出している収益用不動産オーナーは利益対策を必要としています。オペレーティング・リースは税の繰り延べ効果を享受でき、内部留保の蓄積が可能となる等のメリットがあり、安定した経営計画を求める企業からのニーズが高まっております。 武蔵コーポレーションでは、これまでも収益用不動産のほかに、太陽光発電や生命保険などの金融商品を顧客に提案してきました。今回、独立系大手でオペレーティング・リースでは業界№1 のFPG との業務提携により、FPG が取扱うオペレーティング・リースを顧客に紹介することが可能となりました。 武蔵コーポレーションの大谷 義武 代表取締役社長は、以下のように述べています。 「会社経営者のお客様が増える中で、決算直前の突発的な利益を平準化し、納税によるキャッシュフロ ーの不安定化を避けたいという相談が多くなっています。オペレーティング・リースは、このようなニーズに対応できる点で有用な選択肢となります。富裕層のお客様に総合的かつ最適な提案をするには、不動産の他にも資産運用のバリエーションを多く持つことが重要です。これからも提供できるコンサルテ ィングの幅をひろげていきます。」 ■武蔵コーポレーション株式会社 武蔵コーポレーション株式会社は 2005 年に創業し、個人の顧客を対象として、収益用不動産再生(売買)事業、収益用不動産仲介事業、賃貸管理(プロパティマネジメント)事業を展開しています。顧客の資産形成および資産保全をお手伝いすることにより、将来の生活における経済的安定、ひいては心の安定、人生の安定を提供いたします。 ■会社概要 社名 :武蔵コーポレーション株式会社 創業 :2005 年12 月 代表者 :代表取締役 大谷 義武 本社 :埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル21F 業務内容 :収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理 売上:4,692 百万円(2016 年8 月末現在) 経常利益 :508 百万円 (2016 年8 月末現在) 累計取引棟数:700 件(2017 年2 月末現在) 管理戸数:9,650 戸(2017 年2 月末現在) ホームページ :http://www.musashicorp.jp/ 【報道お問合せ先】 武蔵コーポレーション 経営企画部 担当:黒田 TEL: 03-6206-3550 Email: kuroda@musashicorp.jp 株式会社井之上パブリックリレーションズ PR 担当:増田、小笠原、横田 TEL: 03-5269-2301 FAX: 03-5269-2305 Email: musashicorp@inoue-pr.com

一覧を見る

  • ニュース2017年5月13日

    【福島民報へ掲載されました)

    福島民報へ、当社が発行した、東邦銀行様の「とうほう・ふるさと総活躍応援私募債」ではじまりの美術館に一眼レフカメラやビデオカメラなどを寄贈した記事が掲載されました。是非ご覧下さい。
  • ニュース2017年4月20日

    ゴールデンウィークに伴う休業期間についてのお知らせ

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら弊社では、以下の期間をゴールデンウィークに伴う休業とさせて頂きます。 【休業期間】平成29年4月29日(土)~平成29年5月5日(金) 休業期間中ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。 今後ともご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
  • ニュース2017年4月20日

    【全国賃貸住宅新聞へ掲載されました】

    全国賃貸住宅新聞へ、弊社がコンカー様の経費精算処理システム『Concur EXPense Standard』を導入にしたことについて、掲載されました。是非ご覧下さい。
  • ニュース2017年3月31日

    武蔵コーポレーション、2016 年度上半期 売上 43 億円

    ~相続対策の資産運用や資産保全へのニーズの高まりを背景に 売買、管理事業ともに好調、前年同期比 157%を達成 ~ 収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う資産運用会社である武蔵コーポレーション株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:大谷 義武、以下、武蔵コーポレーション)は、2016 年度上半期の売り上げが 43 億円になり、前年同期比 157%を達成しました。当期は好調な売り上げを背景に人員増、東京・丸の内の営業拠点拡大など、積極的な先行投資を行いました。経常利益は6 億3000 万円で、前年同期比 115%でした。 ■2016 年度上半期、売買事業売り上げは 35 億円、前年同期比167%を達成 相続税の控除額引き下げによる相続対策を目的に、武蔵コーポレーションの自社再生物件※の購入による資産運用や資産保全のニーズが高まったことが売り上げ増につながりました。現在、年間の自社再生物件販売予定数約 60 棟に対し、購入希望者は 1 万 5000 人に上ります。2017 年 2 月に不動産特定共同事業法免許(埼玉県)を取得したことで不動産小口化商品の販売が可能になり、さらなる顧客層の拡大を見込んでいます。また、オペレーティングリース商品の取扱いも開始し、顧客に幅広い選択肢を提供できるようになりました。 (※)中古不動産物件を自社で買取り、リフォーム及び修繕を加え、空室を埋めて、オーナーとなるお客様に販売する形態のこと ■2016 年度上半期、管理事業売り上げは 8 億4000 万円、前年同期比125%を達成 賃貸管理事業の売り上げも好調に推移しました。2017 年 2 月末の管理戸数は 9650 戸で、前年同期比で 44%増加しました。大量に供給される新築収益物件間で入居者獲得競争が激化するなか、入居率98%を維持する武蔵コーポレーションの賃貸管理受託数は増加し、売り上げ増に貢献しています。 武蔵コーポレーションの大谷義武代表取締役は、次のように述べています。 「当社は2016 年上半期、好業績を実現しました。収益物件を活用した資産運用ニーズの高まりに伴い、売買事業、管理事業ともに好調です。将来への経済的不安が増すなか、顧客の経済的、心理的安定に貢献するビジネスが今後は一層、広く求められると思います。『三方良し』の精神を大切に、10 年後、売り上げ1000 億円規模の会社になるよう努めてまいります」 ■武蔵コーポレーション株式会社 武蔵コーポレーション株式会社は 2005 年に創業し、アパートやマンションといった収益用不動産に対する個人顧客の要望に応じて、収益用不動産再生(売買)事業、収益用不動産仲介事業、賃貸管理(プロパテ ィマネジメント)のサービスを提供しています。資産形成および資産保全のサポートを通し、顧客の将来にわたる経済基盤の安定を実現し、心の安定、人生の安定に貢献します。 ■会社概要 社名 :武蔵コーポレーション株式会社 創業 :2005 年12 月 代表者 :代表取締役 大谷 義武 本社 :埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル21F 業務内容 :収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理 売上:4,692 百万円(2016 年8 月末現在) 経常利益 :508 百万円 (2016 年8 月末現在) 累計取引棟数:700 件(2017 年2 月末現在) 管理戸数:9,650 戸(2017 年2 月末現在) ホームページ :http://www.musashicorp.jp 【報道関係専用お問合せ先】 武蔵コーポレーション 経営企画部 担当:黒田 TEL:03-6206-3550 Email:kuroda@musashicorp.jp 株式会社井之上パブリックリレーションズ PR 担当:増田、小笠原、横田 TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 Email:musashicorp@inoue-pr.com
  • ニュース2017年3月18日

    オペレーティング・リース最大手の株式会社 FPG と顧客紹介で業務提携

    ~提案の幅を広げ、総合的な資産運用コンサルティングを展開~  収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う資産運用会社である武蔵コーポレーション株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:大谷 義武、以下、武蔵コーポレーション)は、利益対策を求める顧客の要望を受け、2016 年 12 月にワンストップ型ファイナンシャルサービス業を行う株式会社 FPG (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷村尚永、東証一部(7148)、以下、FPG)と業務提携し、オペレーティング・リース(※)事業への投資を希望する顧客へ FPG を紹介するサービスを 2017 年 3月より本格的に開始します。今回の業務提携により、収益用不動産のみならずさらに多様な資産運用・資産保全のためのソリューションを顧客に提案することが可能となりました。 (※)投資家が航空機、船舶、海上輸送用コンテナ等のリース事業に出資し、リース期間中の事業損益の取り込みを行うとともに、リース期間満了時にリース物件を売却して、キャピタルゲインを追及する取引です。 ●本業務提携の背景と特徴 好調な不動産市況を背景に、売却益を出している収益用不動産オーナーは利益対策を必要としています。オペレーティング・リースは税の繰り延べ効果を享受でき、内部留保の蓄積が可能となる等のメリットがあり、安定した経営計画を求める企業からのニーズが高まっております。 武蔵コーポレーションでは、これまでも収益用不動産のほかに、太陽光発電や生命保険などの金融商品を顧客に提案してきました。今回、独立系大手でオペレーティング・リースでは業界№1 のFPG との業務提携により、FPG が取扱うオペレーティング・リースを顧客に紹介することが可能となりました。 武蔵コーポレーションの大谷 義武 代表取締役社長は、以下のように述べています。 「会社経営者のお客様が増える中で、決算直前の突発的な利益を平準化し、納税によるキャッシュフロ ーの不安定化を避けたいという相談が多くなっています。オペレーティング・リースは、このようなニーズに対応できる点で有用な選択肢となります。富裕層のお客様に総合的かつ最適な提案をするには、不動産の他にも資産運用のバリエーションを多く持つことが重要です。これからも提供できるコンサルテ ィングの幅をひろげていきます。」 ■武蔵コーポレーション株式会社 武蔵コーポレーション株式会社は 2005 年に創業し、個人の顧客を対象として、収益用不動産再生(売買)事業、収益用不動産仲介事業、賃貸管理(プロパティマネジメント)事業を展開しています。顧客の資産形成および資産保全をお手伝いすることにより、将来の生活における経済的安定、ひいては心の安定、人生の安定を提供いたします。 ■会社概要 社名 :武蔵コーポレーション株式会社 創業 :2005 年12 月 代表者 :代表取締役 大谷 義武 本社 :埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル21F 業務内容 :収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理 売上:4,692 百万円(2016 年8 月末現在) 経常利益 :508 百万円 (2016 年8 月末現在) 累計取引棟数:700 件(2017 年2 月末現在) 管理戸数:9,650 戸(2017 年2 月末現在) ホームページ :http://www.musashicorp.jp/ 【報道お問合せ先】 武蔵コーポレーション 経営企画部 担当:黒田 TEL: 03-6206-3550 Email: kuroda@musashicorp.jp 株式会社井之上パブリックリレーションズ PR 担当:増田、小笠原、横田 TEL: 03-5269-2301 FAX: 03-5269-2305 Email: musashicorp@inoue-pr.com

一覧を見る

  • お客様の声2017年4月18日

    N.A様の事例を更新いたしました。

    現在、一棟アパート4棟と区分マンション2部屋を所有しています。 このうち一棟アパート2棟は武蔵コーポレーション様より購入し、管理もお任せしており、入居率の満足度が高いのに加え、独自の提案力もあり、安心してお任せすることが出来ております。 そのほかの別の業者様から購入し、管理も同じ会社様にお願いしている一棟アパートにつきまして、購入当初から空室があり、さらに追加で空室が発生し、心配しながらもしばらく様子を見ていましたが、空室への問い合わせ数および内覧数も増えず、4カ月経過した頃に武蔵様に実情の相談をしたところ、担当の穴倉様より力強いアドバイスをいただき当該物件の管理もお願いすることにしました。 管理をお願いしてから以降の武蔵様の入居に向けたスピード感のある提案力と近隣との比較等の分析力により、以前の管理会社では空室が5カ月経過していましたが、武蔵様は正式契約から2カ月で満室にしていただきました。 担当の穴倉様から「これで満室です」とのご連絡をいただいた際は、思わず「さすが武蔵さんですね」と自然に返信してしまいました。 これからも信頼できるパートナーとしてこの入居率をキープしていただくことと、別の物件でも問題が発生した際にはご相談できるコンサルタントとして、期待しております。 引き続きよろしくお願いします。
  • お客様の声2017年3月28日

    T.M様の事例を更新いたしました。

    武蔵コーポレーションさんにお会いする前は、2棟の収益物件を購入時の仲介業者にそのまま管理してもらっていました。 しかし、その管理会社では、2棟ともウェブに掲載するだけで業者周りすら行わず、入居付けのための工夫を全くしてくれませんでした。何とか入居付けを頑張って欲しいとお願いしても、賃料を下げたほうがいいとの一点張りで、繁忙期になっても空室が埋まる気配は全くありませんでした。 また、こちらが常に目を光らせてチェックしていないと信用できない仕事ぶりで、家賃についても滞納が発生した際に保証会社に連絡することを怠り、保証金が入ってこないこともありました。 そこで、前の管理会社に見切りをつけ、客付けに強くて信頼できる管理会社はないかと探していたところ、武蔵コーポレーションさんに出会いました。 入居率96%という数字を見て最初は「本当かな?」とも思いましたが、お話を伺っていくうちに、入居付けのための戦略をきっちり持っていることが理解できました。 また、「オーナーの利益を最大化する」というコンセプトを聞いて、「ここなら安心して任せられる」と感じました。 武蔵コーポレーションさんに切り替えてから、内見者も増え、入居者も決まるようになりました。 半年前には考えられませんでしたが、ついに2棟とも満室が見えてきました。担当の竹島さんがこまめに連絡を下さるので、これまでのように仕事ぶりをチェックする必要もなく、全てを安心してお任せしています。 おかげで毎日心穏やかに暮らせています。 2棟の経営がうまく回り出したことで、3棟目以降への道筋が見えてきました。 良きパートナーとして、今後ともよろしくお願いします。
  • お客様の声2017年3月9日

    H.N様の事例を更新いたしました。

    2015年9月に1棟目を取得し、現在は全5棟を所有しており、関東圏の物件は全て御社に管理を委託しています。 御社に管理を委託する前には、別の管理会社に委託していましたが、空室が埋まらないことに悩んでいました。 空室への問い合わせ数や内覧数は一向に伸びず、このまま管理委託を継続してよいのか、苦悩の日々でした。 そんな時、知人に実績の高い管理会社として御社を紹介されたことが、御社のことを知るきっかけでした。 初めての面談の時に「絶対に満室可能です。」との心強い言葉が印象的でした。 色々な管理会社がある中で、御社を選んだ決め手は、管理実績の高さが定量的に示されていたこと、退居時の修繕費・リフォームがパッケージ化されており出費の目途が予測しやすいこと、客付けシステムが秀逸であること、信頼のおける方の紹介であったこと、そして何より面談の際の担当者(契約後の担当者)の熱心で誠実な人柄を心から感じたことです。 管理を任せる上での不安は、管理会社の所在地(大宮)と物件の所在地(前橋、宇都宮)に物理的距離があり、緊急時などの対応を迅速にしていただけるのか、その一点が不安でしたがすぐに解決しました。 実際に御社に管理をお任せして、空室問題を最低限のリフォーム後に非常に短期間で解決していただけました。想像を上回るスピードでした。 客付けの間口の広さと、修繕リフォームから募集開始までの迅速さは、他の管理会社以上のものであり、目を見張るばかりです。また収益アップのための各種提案をしていただけたのも御社が初めてでした。日々のマンスリーレポートも丁寧であり、満足しています。 今後御社に期待していることは、引き続き高い管理実績を維持していただけると幸いです。 またスケールメリットを利用した投資効果の高いリフォームなど各種提案をしていただけることに期待します。 そして個人的には、資産の組み換えのための売却や借り換え等のファイナンスの相談、新規物件の購入などにもご協力いただければと思っています。
  • お客様の声2017年2月14日

    K.A様の事例を更新いたしました。

    2009年頃に不動産投資を始め、賃貸経営を初めて行う状況の中で、入居者さんが入ってくれるのかが一番の悩み事でした。 客付けや入居率に関する情報をいろいろな媒体から集めている中、武蔵コーポレーション様の大谷社長の書籍を読み、高入居率を実現する管理方法に感銘を受け、御社に管理をお任せすることになりました。 管理を任せるにあたって、御社の客付け方法は理解していましたが、やはり高い入居率を実現できるかに不安もありましたが、実際にお任せしてみて、高い入居率を維持していただいていると感じています。 空室に関しては、客付け会社に対して独自方針で営業していただき、入居者さんを連れてきていただいています。 日常の入居者さんの各種対応もしっかり対応していただいているので入居者さんからの不満もなく、とても良いと感じています。 ただ1点、修繕や日常清掃などが、業者さんによってやり方が変わるのでその辺は少し改善したほうがいいなと感じる部分が見受けられます。しかし、上記のように感じる部分は少数で、一番期待していた入居率に関しては大変満足しています。 今後につきましては、所有物件は古くなっていきますので、御社の営業・管理方法、御社が実施している管理戸数拡大がますます進んで、スケールメリットによる管理費用の低減などを進めていただくことにますます期待しています。 この先、物件を購入することがあれば、必ず御社にお任せしたいと考えているほど信頼は厚いので、御社の自社再生物件についてもご紹介いただきたいと考えております。 全般的に御社にお任せして良かったと感じています。 今後ともよろしくお願いいたします。
  • お客様の声2017年1月10日

    R.K様の事例を更新いたしました。

    御社に管理を依頼するまでは、入居者からのクレームについてすべて自身で対応していました。 管理をお願いすることになったきっかけは、数年前の大雪です。 入居者に対して弁護士と相談しながら保証、損害賠償等とても苦労しました。 今後もこのような対応をするのは大変だと感じていました。 そんな中、収益物件を探していた際、偶然御社を知りました。 管理もやっているとのことで、依頼しようかと興味を持ちました。 これまで自主管理でしたので、手数料、管理、修繕と何かとお金がかかるのではという不安がありましたが、セミナーを聞きにゆき、また知人が管理を依頼していたことも知り、満室にしてもらえそうと思い、管理を依頼することにしました。 先日、4棟のアパートすべてを満室にして頂きました。 今までよりも経費は掛かりますが、満室にしてもらえているためとても満足しています。 今後も、オーナーが実際に入居者対応をすることなく、満室で稼働する管理を続けて頂ければと思います。

一覧を見る

  • 現在セミナー情報はありません。

賃貸管理をお任せいただいたお客様の声

一覧を見る

まずはご相談下さい!0120-188-634 お問合せはこちら

管理に関するお問合せはこちら