高い専門性に培われた管理運営アドバイス、オーナー様の経営代行として、オーナー様の利益を最大化するサポートをいたします。

平均入居率96%の管理方式でアパート経営を全面的にサポート!! 武蔵コーポレーションの賃貸管理

お電話でのお問合せ 0120-188-634 ご入居者様向けのHPはこちら TEL:048-658-4333|お部屋のトラブル・契約・解約・お支払

管理のお問合せ 資料請求

半年間 管理手数料無料キャンペーン実施中!

Best Venture100|弊社が紹介されています

アパート経営革命

埼玉の社長TV

当社代表の大谷義武が、チバテレビ「シャキット!」出演

TV紹介

テレビ埼玉『埼玉ビジネスウォッチ』で当社が紹介されました。

TVCM

武蔵コーポレーション動画ギャラリー

武蔵コーポレーションの管理実績

  • 管理戸数 現在10830件

    10830

  • 平均入居率 現在96.6%

    96.6

よくあるご質問にお答えします!

  • どんな管理プランがありますか?
  • どうして入居率が高いのですか?
  • なぜ滞納があまり出ないのですか?
  • 管理を委託する場合の手続きの流れは?

関西・九州・東海在住の方へ!大阪・福岡・名古屋オフィスでの投資・管理相談受付開始します

ニュース・トピックス

  • すべて
  • ニュース
  • お客様の声
  • セミナー
  • ニュース2017年11月16日

    【日本経済新聞に掲載されました】

    11月15日の日本経済新聞(埼玉版)に弊社が始めました、認定再生物件「Rebreath(リブレス)」に関しての記事が掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧下さい。 『 収益物件に品質認証制度 収益用不動産販売の武蔵コーポレーション(さいたま市)は、同社が扱う中古物件の品質に関する独自の認証制度を始めた。社内外の1級建築士が建ぺい率や居室の採光、換気など70以上の項目を検査し、診断書を発行。認定物件の販売先には一定期間の賃料収入や無償の補修工事などを保証する。物件の質を担保し、投資家のリスクを低減する狙いがある。  新たな認定制度は「リブレス」と名付けた。同社が仕入れた中古物件について1級建築士が建ぺい率や容積率の制限に違反していないかや、換気設備、給水管、地盤の状況などの項目を検査する。基準を満たした物件には検査診断書と保証書を発行。不適合が見つかった場合は修繕し、投資商品として安全性を確保する。  認定物件は基本的に満室での引き渡しを保証する。雨漏りや設備面などで不具合が生じた場合は引渡しから5年間、無償補修に応じる。同社ではこれまでも物件の販売前に建築士が検査してきたが、認定書の発行で保証内容を明確にする。  同社は買い取った中古不動産をリノベーション(大規模修繕)して魅力を高め、入居者を獲得しやすくして富裕層向けに販売している。2005年の創業から約400棟の物件を再生した実績があり、自社のノウハウを認定制度で活用し、中古物件の流通を促進したい考えだ。』 またWebにも同様の内容の記事が掲載されておりますので こちらも是非ご覧ください↓ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2346955014112017L72000/ 平成29年11月15日  日本経済新聞
  • ニュース2017年11月14日

    【住宅新報に掲載されました】

    11月14日の住宅新報の「ひと」特集に弊社代表の大谷のインタビューが掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。 『 安心・安全の投資商品を  中古アパートなどの収益物件の買い取り再販とその管理を手掛ける会社として創業してから今年で12年目。このほど、一定の品質を満たした物件を「リブレス」と名付け、設備や賃料の保証付きで販売を始めた(10月31日号5面参照)。ストック活用時代といわれて久しいが、収益物件でのこうした取り組みは珍しい。「一般的に中古の収益物件は、購入するまで入居者属性や建物の状態が分らないため、個人投資家からはリスクが高いと判断されやすい。今回の取り組みは、そうしたリスクをカバーするために従来から行っていた内容を明確化したものだ。これにより投資商品としての安全性を確保でき、流通活性化につながるだろう」  大学卒業後、三井不動産を経て30歳の時に独立した。  収益物件に目を向けるきっかけとなったのはサラリーマン時代。母親が祖父から受け継いだ土地があり、そこに自分でアパートを建て、初めての家賃収入を得る立場を経験。ちょうど人口減少とそれに伴う将来不安が言われ始めた頃で、「将来の年金代わりとして家賃収入ニーズは高まる」と考えた。ただ、当時はこうした個人向け収益物件を専門に扱う不動産会社はまだなかった。「だからこそビジネスチャンスになるのではと思った」という。  判断は当たり、今や社員数140人、売上高90億円、管理戸数1万戸超の企業に成長した。将来的には不動産のみならず金融商品にも提供メニューを広げ、「個人の資産形成・保全をワンストップでサポートする、いわゆるプライベートバンクにしていきたい」。  それと同時に「昔の日本では当たり前だった家族的な会社経営を広めたい。安心、安全、思いやりといった日本のよさを大切にしながら、社員の幸せを実現できる会社にしたい」。  会社経営は歴史書から学ぶことが多い。熱い闘志を秘めた42歳。(井川弘子)』 平成29年11月14日  住宅新報
  • ニュース2017年11月10日

    【文藝春秋に掲載されました】

    11月10日発売の文藝春秋 十二月号にて 9月27日に株式会社文藝春秋様主催の「第6回 文藝春秋 資産運用・相続セミナー」にて代表の大谷が講演した様子が取り上げられました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。 『 この低金利時代にいかに資産を運用し、どう相続税に対処するかをテーマにした第六回目の本セミナー。本誌愛読者二〇〇名余りで会場は今回も満員御礼!        (中略)   続いて登場したのは武蔵コーポレーション株式会社の大谷義武さん。相続税対策として、既存の利用率の高い収益用不動産(賃貸用集合住宅など)を借入金によって取得、運用することによる資産評価減額方法を説明。「先祖から受け継いだ土地を手放すことなく資産評価を下げられる」と参加したご夫婦は大きく頷いていた。   次回はぜひあなたもご参加ください。』 平成29年11月10日  文藝春秋
  • ニュース2017年11月17日

    【Housing Tribune(ハウジング・トリビューン)に掲載されました】

    11月10日発売のHousing Tribune(ハウジング・トリビューン)に弊社が始めました、認定再生物件「Rebreath(リブレス)」に関しての記事が掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧下さい。 『築古物件をリノベし投資家に販売 安心担保へ品質の自社認定制度もスタート 老朽化した既存マンションを買い取ったうえでリノベーションを施し投資家向けのマンションとして販売する事業が活発化している。新規参入や独自の自社認定制度も出てきた。  現在、東京オリンピックや訪日外国人の増加などにより、首都圏の土地価格の高騰が続いている。このため、新築マンションの販売開始が高止まっており、消費者は新築マンションの購入がこれまでよりも難しくなってきている部分もある。  一方で、バブル期に建てられたマンションが築30年を迎え老朽化しており、空室も目立ってきている。このため、既存マンションの空室を買い取り新築同様にリノベーションを施したうえで販売するマンション買取再販事業が活発化している。新築よりもコストメリットのある点などが評価を受け、すでに実需の面では一定の市場を構築しているが、ここにきて新たに投資向けの事業でも盛り上がりを見せ始めている。    (中略) 品質保証で投資リスクを軽減  また、不動産投資事業を行う武蔵コーポレーション(埼玉県さいたま市・大谷義武社長)も、首都圏を中心に投資家への販売を目的としたマンション買取再販事業を行っている。同社ではこれまでも業界に先駆けて投資家へのマンション買取再販事業を行ってきたが、近年急成長を見せている。2017年の売上高は90億円と前年度比の2倍に跳ね上がり、販売後の管理戸数も1万棟を超えた。  一方で、投資家のなかにはまだ既存住宅の質に不安感を持ち、リスクだと考えている人もいる。このため、武蔵コーポレーションは今回、品質に関する独自の認定基準を設け、基準を満たしたものを「Rebreath(リブレス)」という名称で認定し販売・管理する取り組みをスタートさせた。リブレスの認定基準については、建蔽率制限への適合など70以上の項目を設定している。不適合箇所が存在する場合は大規模修繕を行い品質を担保する。  投資用マンションの利回りにおいて、既存物件は購入価格が抑えられているため新築に対して2~5%高いと言われているが、リノベーションを施しても新築よりも利回りは高いという。また、既存マンションなら、新築では供給が少なくなってきた駅近などの条件のいいところも選びやすいというメリットもある。それだけに、安心が担保されることで、投資家向けのマンション買取再販市場、ひいては既存住宅流通市場の拡大につながりそうだ。』 平成29年11月10日   Housing Tribune(ハウジング・トリビューン)
  • ニュース2017年11月6日

    【全国賃貸住宅新聞に掲載されました】

    11月6日の全国賃貸住宅新聞に弊社が10月24日にメディア媒体向けに行いました、第13期ビジネス戦略発表会に関する記事が掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。 『収益不動産の販売を行う武蔵コーポレーション(埼玉県さいたま市)は10月24日、中古の収益物件の認定制度を開始したと発表。大谷義武社長は「投資物件に対して安心感を持って購入してもらうことで、中古収益マンションの流通を促進していきたい」と話した。同社は関東エリアで1棟ものの賃貸マンションを買い取り、再生し満室にしたうえで不動産投資家に販売。経営者や士業を中心に、昨年度は130棟を売り、売り上げは2016年9月~17年8月で90億3300万円になり、前年比93%の増収と業績は好調だ。販売後は管理も行い、1年で管理戸数2400戸増の1万728個とストックビジネスでも積み重ねている。  新たな認定制度では、同社の再生案件を対象に、70以上のチェック項目を作成。社内と外部の1級建築士が検査し、一定の水準をクリアした賃貸マンション『ReBreath(リブレス)』ブランドとして認定する。特徴的なのは、建物面だけでなく、入居者に対しても保証を行う点だ。建物に関しては、雨漏りや設備の保証を購入から5年間無料で行う。入居者に対しては、同社が満室で引き渡した案件に対し、入居から3ヶ月以内に退去があった場合は、次の入居者が決まるまで同社が賃料を保証する。  これまで実需向けでは、一般社団法人良質住宅普及協会(東京都中央区)が4月からインスペクション済みの住宅を『お住み付き』として認定を開始している。  だが、入居者がすでにいる場合に、専有部を確認するのは難しい。同社では一度物件を保有し、建物状況や入居者の属性を把握できることから同認定が可能になった。「中古収益物件における認定制度は業界初ではないか」(大谷社長)』 また、web版にも同じ記事が掲載されておりますので、そちらも是非ご覧ください。 全国賃貸住宅新聞web http://www.zenchin.com/news/post-3583.php (※ご覧になる際には無料で会員登録が必要となりますのでご容赦ください) 平成29年11月6日  全国賃貸住宅新聞

一覧を見る

  • ニュース2017年11月17日

    【Housing Tribune(ハウジング・トリビューン)に掲載されました】

    11月10日発売のHousing Tribune(ハウジング・トリビューン)に弊社が始めました、認定再生物件「Rebreath(リブレス)」に関しての記事が掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧下さい。 『築古物件をリノベし投資家に販売 安心担保へ品質の自社認定制度もスタート 老朽化した既存マンションを買い取ったうえでリノベーションを施し投資家向けのマンションとして販売する事業が活発化している。新規参入や独自の自社認定制度も出てきた。  現在、東京オリンピックや訪日外国人の増加などにより、首都圏の土地価格の高騰が続いている。このため、新築マンションの販売開始が高止まっており、消費者は新築マンションの購入がこれまでよりも難しくなってきている部分もある。  一方で、バブル期に建てられたマンションが築30年を迎え老朽化しており、空室も目立ってきている。このため、既存マンションの空室を買い取り新築同様にリノベーションを施したうえで販売するマンション買取再販事業が活発化している。新築よりもコストメリットのある点などが評価を受け、すでに実需の面では一定の市場を構築しているが、ここにきて新たに投資向けの事業でも盛り上がりを見せ始めている。    (中略) 品質保証で投資リスクを軽減  また、不動産投資事業を行う武蔵コーポレーション(埼玉県さいたま市・大谷義武社長)も、首都圏を中心に投資家への販売を目的としたマンション買取再販事業を行っている。同社ではこれまでも業界に先駆けて投資家へのマンション買取再販事業を行ってきたが、近年急成長を見せている。2017年の売上高は90億円と前年度比の2倍に跳ね上がり、販売後の管理戸数も1万棟を超えた。  一方で、投資家のなかにはまだ既存住宅の質に不安感を持ち、リスクだと考えている人もいる。このため、武蔵コーポレーションは今回、品質に関する独自の認定基準を設け、基準を満たしたものを「Rebreath(リブレス)」という名称で認定し販売・管理する取り組みをスタートさせた。リブレスの認定基準については、建蔽率制限への適合など70以上の項目を設定している。不適合箇所が存在する場合は大規模修繕を行い品質を担保する。  投資用マンションの利回りにおいて、既存物件は購入価格が抑えられているため新築に対して2~5%高いと言われているが、リノベーションを施しても新築よりも利回りは高いという。また、既存マンションなら、新築では供給が少なくなってきた駅近などの条件のいいところも選びやすいというメリットもある。それだけに、安心が担保されることで、投資家向けのマンション買取再販市場、ひいては既存住宅流通市場の拡大につながりそうだ。』 平成29年11月10日   Housing Tribune(ハウジング・トリビューン)
  • ニュース2017年11月16日

    【日本経済新聞に掲載されました】

    11月15日の日本経済新聞(埼玉版)に弊社が始めました、認定再生物件「Rebreath(リブレス)」に関しての記事が掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧下さい。 『 収益物件に品質認証制度 収益用不動産販売の武蔵コーポレーション(さいたま市)は、同社が扱う中古物件の品質に関する独自の認証制度を始めた。社内外の1級建築士が建ぺい率や居室の採光、換気など70以上の項目を検査し、診断書を発行。認定物件の販売先には一定期間の賃料収入や無償の補修工事などを保証する。物件の質を担保し、投資家のリスクを低減する狙いがある。  新たな認定制度は「リブレス」と名付けた。同社が仕入れた中古物件について1級建築士が建ぺい率や容積率の制限に違反していないかや、換気設備、給水管、地盤の状況などの項目を検査する。基準を満たした物件には検査診断書と保証書を発行。不適合が見つかった場合は修繕し、投資商品として安全性を確保する。  認定物件は基本的に満室での引き渡しを保証する。雨漏りや設備面などで不具合が生じた場合は引渡しから5年間、無償補修に応じる。同社ではこれまでも物件の販売前に建築士が検査してきたが、認定書の発行で保証内容を明確にする。  同社は買い取った中古不動産をリノベーション(大規模修繕)して魅力を高め、入居者を獲得しやすくして富裕層向けに販売している。2005年の創業から約400棟の物件を再生した実績があり、自社のノウハウを認定制度で活用し、中古物件の流通を促進したい考えだ。』 またWebにも同様の内容の記事が掲載されておりますので こちらも是非ご覧ください↓ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2346955014112017L72000/ 平成29年11月15日  日本経済新聞
  • ニュース2017年11月14日

    【住宅新報に掲載されました】

    11月14日の住宅新報の「ひと」特集に弊社代表の大谷のインタビューが掲載されました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。 『 安心・安全の投資商品を  中古アパートなどの収益物件の買い取り再販とその管理を手掛ける会社として創業してから今年で12年目。このほど、一定の品質を満たした物件を「リブレス」と名付け、設備や賃料の保証付きで販売を始めた(10月31日号5面参照)。ストック活用時代といわれて久しいが、収益物件でのこうした取り組みは珍しい。「一般的に中古の収益物件は、購入するまで入居者属性や建物の状態が分らないため、個人投資家からはリスクが高いと判断されやすい。今回の取り組みは、そうしたリスクをカバーするために従来から行っていた内容を明確化したものだ。これにより投資商品としての安全性を確保でき、流通活性化につながるだろう」  大学卒業後、三井不動産を経て30歳の時に独立した。  収益物件に目を向けるきっかけとなったのはサラリーマン時代。母親が祖父から受け継いだ土地があり、そこに自分でアパートを建て、初めての家賃収入を得る立場を経験。ちょうど人口減少とそれに伴う将来不安が言われ始めた頃で、「将来の年金代わりとして家賃収入ニーズは高まる」と考えた。ただ、当時はこうした個人向け収益物件を専門に扱う不動産会社はまだなかった。「だからこそビジネスチャンスになるのではと思った」という。  判断は当たり、今や社員数140人、売上高90億円、管理戸数1万戸超の企業に成長した。将来的には不動産のみならず金融商品にも提供メニューを広げ、「個人の資産形成・保全をワンストップでサポートする、いわゆるプライベートバンクにしていきたい」。  それと同時に「昔の日本では当たり前だった家族的な会社経営を広めたい。安心、安全、思いやりといった日本のよさを大切にしながら、社員の幸せを実現できる会社にしたい」。  会社経営は歴史書から学ぶことが多い。熱い闘志を秘めた42歳。(井川弘子)』 平成29年11月14日  住宅新報
  • ニュース2017年11月10日

    【文藝春秋に掲載されました】

    11月10日発売の文藝春秋 十二月号にて 9月27日に株式会社文藝春秋様主催の「第6回 文藝春秋 資産運用・相続セミナー」にて代表の大谷が講演した様子が取り上げられました。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。 『 この低金利時代にいかに資産を運用し、どう相続税に対処するかをテーマにした第六回目の本セミナー。本誌愛読者二〇〇名余りで会場は今回も満員御礼!        (中略)   続いて登場したのは武蔵コーポレーション株式会社の大谷義武さん。相続税対策として、既存の利用率の高い収益用不動産(賃貸用集合住宅など)を借入金によって取得、運用することによる資産評価減額方法を説明。「先祖から受け継いだ土地を手放すことなく資産評価を下げられる」と参加したご夫婦は大きく頷いていた。   次回はぜひあなたもご参加ください。』 平成29年11月10日  文藝春秋
  • ニュース2017年11月7日

    【AERAに掲載されました】

    11月6日発売のAERAに弊社の経費清算管理システムの導入に関する記事が掲載されました。 弊社の取り組みとして、2017年6月より弊社が経費計算に コンカー様の日本法人が提供する経費清算クラウド「Concur Expense Standard」を導入しております。 掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。 平成29年11月6日  AERA

一覧を見る

  • お客様の声2017年11月17日

    A.A様の事例を更新いたしました。

    昨年御社の物件を購入させていただき、同時に管理もお願いすることになりました。

    物件購入が初めてだったので、インターネットで何度も不動産業界のことを調べていくうちに、武蔵コーポレーションさんのことをホームページで知りました。

    実際に担当の方のお話を伺い、物件売買グループと管理グループが同一会社で横の連携が取れていると感じ、購入後も安心してお任せできると思いました。

    購入物件の引渡時には空室が1戸ありましたが、2ヶ月ほどで満室になり、1年間満室を維持することができました。
    交通の便が良くないエリアということもあり、空室が埋まるかどうか不安でスタートしましたが、振り返ってみると御社に任せて良かったと思っております。

    毎月物件の様子を、「建物管理報告書」で確認することができるのも良かったと思います。

    最近1戸、退去の連絡が来ましたが、早々に入居付に入ると思いますので空室何日で次の入居者様が決まるか期待しています。

    引き続き、よろしくお願いします。

  • お客様の声2017年10月24日

    S.S様の事例を更新いたしました。

    2012年より賃貸管理をお願いしております。

    この物件は私にとって1棟目で、右も左も分からず賃貸業を始めましたが、いままで順調に経営できているのも武蔵コーポレーションの担当者の方々のお陰でございます。

    途中、家賃滞納、不良入居者への対応等、素人大家にはどうしようもない状況もありました。
    その都度こまめに連絡を下さり、また法律に基づいたご提案をいただけたことで、無事に解決でき非常に感謝しております。

    空室がでた際にも、リーシング活動により適切な家賃設定をご提案いただき、早期に入居者を獲得することもできました。

    現在担当の竹島様には本当にお世話になっております。

    ご面倒をお掛け致しますが、引き続きのご対応をよろしくお願い申し上げます。

  • お客様の声2017年10月5日

    H.M様の事例を更新いたしました。

    2017年2月に武蔵コーポレーション主催のセミナーに参加し、現在2棟の物件を所有しております。

    具体的に物件を探し始めてから分かったことですが、不動産投資は思ったより敷居が高く、信頼できるパートナー、すなわちコンサルティング会社との連携が不可欠であると思いました。
    セミナーを通じて、武蔵コーポレーションの業務内容を知りましたが、ほかの不動産会社とは異なり、管理会社を母体としており、物件を所有してからの付き合いができるところが信頼を持てた点でした。
    管理会社に求められることは、他にはやはり客付け力だと思います。

    宇都宮に最初の物件を購入したときに、アンラッキーなことに4部屋もの退去者が一度にでてしまいました。
    所有権移転間なので、家賃保証は了解していましたが、何もよりも驚いたことは、繁忙期の1~3月を過ぎているにも関わらず、1、2か月で全入居者が決定したことです。
    規模の大きなマンションが近くに同価格帯で競合しているにも関わらず、これより先に満室になったのには正直驚きました。

    私自身、北関東在住で本日も所要がてら、自己所有物件の状況を見てきましたが、自転車置き場、ごみ収集所などもきれいに整頓され、とても満足できる管理状態でした。

    担当の天野さん、松田さんもとてもコミュニュケーションがとりやすく、今後も物件は買い進めたいと考えていますが、管理は武蔵コーポレーション以外には考えておりません。

    管理テリトリーを増やしていただけるともっとありがたいですが、単なる管理会社ではなく、物件紹介から、銀行紹介、管理、客付け、さらには売却まで総合的に対応できる、総合不動産コンサルティング会社としての武蔵コーポレーションとは末永いお付き合いを切望しています。
  • お客様の声2017年9月12日

    A.T様の事例を更新いたしました。

    以前にお願いしていた管理会社では、入居率が悪く、改善をお願いしても賃料を値下げする方針以外でのアクションは何も起こしてくれず、肝心の空室はなかなか埋まりませんでした。
    そのほかにも何かと信用出来ない事が多く、良好な関係は築けなかった為、別の管理会社を探していた所、武蔵コーポレーションさんと出会いました。

    口コミやHP等を見て、武蔵コーポレーションさんの管理、客付け方法に期待をしましたが、業況が悪い中、本当に説明に書いてある通りの事ができるのかという不安もありました。
    ですが、実際に管理担当の方の説明を受けてみると、丁寧な説明、親切な対応に以前の管理会社とは180度違うと思いました。
    そしてこちらの無理難題にも快く応じて頂き、良好な関係が築けると確信致しました。

    実際に管理をお任せしてみて、急な修繕にも迅速かつ丁寧に対応して頂き、原状回復費用も以前の管理会社に比べ安く、全てにおいて満足しています。

    何かあれば担当の押木さんに容赦なく電話をかける弊社ですが、いつも快く対応してくださりありがとうございます。

    今後ともよろしくお願い致します。

  • お客様の声2017年7月25日

    H.A様の事例を更新いたしました。

    管理をお任せする以前は、戸建賃貸物件を5軒所有していますが、一度空いてしまうとなかなか決まらない事があり、如何に早く入居者を探すかが懸念事項でした。
    5年程前、大谷社長の本を読み、社長がおっしゃる客付け方法は大変納得しましたが、実際に任せた場合、理論通りいくのかが心配でした。
    ですが、大家側に立って考えてくれる会社のスタンスを感じたため、武蔵さんにお願いすることを決めました。


    実際に管理をお任せしてみて、担当の松田さんがマメに動いてくださり、空いていた戸建て1軒が決まりました。
    何回かキャンセルが入りましたが、すぐに次の方を紹介していただき、入居者獲得に至りました。

    武蔵さんのすごいところは、これだと思います。

    通常、1名紹介があってもダメになると次の方の紹介までにかなりの時間を要する事が多かったのですが、武蔵さんの場合はすぐに次の方の紹介がありました。しかも数名。
    この客付けの強さが武蔵さんではないかと、心強く思っています。

    今後については、引き続き大家サイドに立った活動で
    「強い客付けといえば武蔵コーポレーション」として更なる活躍を期待しております。
    うちの施設では、夕方TVで武蔵さんのCMがいつも流れていますよ。
    これからも頑張って下さい。

一覧を見る

  • 現在セミナー情報はありません。

賃貸管理をお任せいただいたお客様の声

一覧を見る

まずはご相談下さい!0120-188-634 お問合せはこちら

管理に関するお問合せはこちら